gradiolus' blog

主に日々のまとめ。たまに映画と本のこと。

相棒S8-19最終回「神の憂鬱」実況まとめ

簡単に実況と感想のまとめ。

神戸クラスタながらも「神の憂鬱」は先日の再放送が初見。小説は読んだのですが。やはり映像で観るのとは違いますね。

 

  • さて、神の憂鬱じゃー!
  • 神の憂鬱、がっつり集中してみてます。 とりあえずラム缶ランチやべぇ
  • あからさまに会話をそらす神戸…
  • 日比谷っぽいけど、違うような
  • お、やっぱり神戸くんと伊達さんのいたお店は日比谷公園のか。
  • 警察庁警視庁近いし、目の前通り過ぎたしテニスコート見えたから日比谷公園のかと思ったら、やっぱりか。今度日比谷いったら絶対あそこでランチする……!
  • 右京・神戸「はい」 右京「杉下です」神戸「神戸です」w
  • ここ国会前公園だな
  • S8の神戸くんの髪型好きだなあ
  • 大河内さん、絶対に妬いてる……。伊達さんにも真澄さまにも笑
  • 右京さんと神戸くんの、正義、理念、がよく現れるシーンだなあ 
  • BGMエロい
  • 右京さああああん大河内さいああん(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
  • 神の憂鬱やばい……
  • テレビの前で声を上げて泣いた、これはやばい
  • 二代目登場シーズンの最終回にこれやられちゃったら、確かに期待するしかないわ……
  • 今回の人事異動拒否をさ、劇場版2も絡めて神戸くん卒業回にまたうまいこと使いやがる相棒スタッフよ……。 素晴らしすぎる。 
  • 神戸くんのシーズンにはやはり一貫して、「正義」「理念」のテーマがそこにあって、また神戸くん自身のテーマに「不公平」が流れている。 そう感じずにはいられない。 
  • 誰かの命令で動くのは、やめた(うろ)って本当、素晴らしいセリフ……。組織ではなく〜ってあれ本当は、伊達さんだけでなく自分自身にも言っているんだろうね。 
  • 興奮し過ぎて本当セリフうろ覚えすぎる。これあとでもう一回観よう。そしたら罪と罰も観る……。
  • やっぱり、右京さんと神戸くんの「正義」と「理念」は似ているようで似てないんだろうな。だから暴発した。だから罪と罰で対決した。
  • こういう「正義」とか「理念」とか「信念」、そういったものの対立、すごくいい。
  • 亀山くん時代のスピーディーでスリルあるお話、というものは神戸くん期にはなかったように記憶してるが、その代わりジックリと事件を解決したり(これは前からあるか)、夫々の信念等の対立が色濃く出ているように感じる。
  • こんな素晴らしい登場シーズンの最終回やられちゃったら、甲斐くんシーズン期待大だよね、どうしても……。残念な結果に終わりましたが^^; さあ来季はどうなるか……。

 

余談↓

  • 「相棒」としての神戸尊は卒業したけど、神戸尊の人生はまだ終わってないんだよな。亀山くんみたく警察をやめたわけでもないし、お隣さんにいるし。だから新しい「相棒」がきても、神戸の動きが気になってしまう。これはもう神戸スピンオフ作ってくれないと、気が済まないレベル! 

 

2回目感想↓

  • 二回目の「神の憂鬱」みた。名前木札の大写し、「レベル4後編」での亀山さんが木札外すシーンを思い起こして、思わず涙ぐんだ。 
  • 「神の憂鬱」ってタイトル聞くたびに若干、「神戸の憂鬱」ってちょっとかかってるんじゃないかなあ、と思ってる。気のせい。 
  • 青いバラの花言葉は、「不可能」から「奇跡」「神の祝福」になった。この「奇跡」「神の祝福」の二つの言葉を青いバラと共に是非、神戸くんに捧げたい。S8「神の憂鬱」を観てから、凄くそう思ってる。