読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gradiolus' blog

主に日々のまとめ。たまに映画と本のこと。

アナと雪の女王、感想その2

アナと雪の女王感想?そのに。


  • 最近気になるのは、日本語じゃない日本語。なんのこっちゃって感じだけど、英訳の日本語が、それ。うまい例がいま浮かばないんだけど、代名詞の多い文章はまさに。そういうのを自分で書く時には、すごく気にして抜くようにしてる。でも生まれた時から日本語じゃない日本語のなかで育ってるので難しい。
  • 「Let it go」の和訳と「Let it go 〜ありのままで〜」の日本語歌詞を見比べたとき、「日本語」になってて感動した。あと和訳の「風がうなる心の嵐のように。私の悲しみを天だけが知っている」が日本語歌詞では「風が心に囁くの、このままじゃダメなんだと」になってていいなあって
  • ディズニーさんのLet it goの意訳がすごい。Here I standが「自分の道を行く」になってて(なぜ!?)って感じ。いくつかある。
  • 「Let it go〜ありのままで〜」の歌詞というか歌い方というかが、映像の口とあってて凄い。他のディズニー作中でもそうだけど、そこも考えてセリフを日本語にしてるんだなあ。

結婚したいって言ったとき、エルサに反対され
「姉さんだって(愛を)知らないくせに!」
って口答えするさまが、まさに妹!って感じで可愛い



アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック

アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック