読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gradiolus' blog

主に日々のまとめ。たまに映画と本のこと。

変化するセクシャリティ

中学時代に仲良くしてもらっていた女の先輩に、久しぶりに連絡をした。
食事の約束をして、ふたりでアジアン料理を食べてきた。


私は先輩に謝らないといけないことがあった。
それをきっかけに、約6年、連絡を取っていなかったのだ。

無意識の差別的な発言を私がして、その人を傷つけてしまった。
当時その先輩には女性の恋人がいた。そのことを知っていたのに、私は自分が巻き込まれたトラブルを話してしまった。
(そのトラブルというのが、少々複雑なのだが。人間関係のトラブルで、セクシャリティにも関係するようなトラブルだった)

そのときに、無意識の差別的な発言をしたのだ。
次の瞬間から、先輩が「恋人」を「彼氏」と言い換えたことで自分の過ちに気付いた。

だから謝りたくて、また仲良くしてもらいたくて連絡を取った。
自分の都合しか考えてないな、と思いながら。
でも先輩は快くOKしてくれ、私の仕事終わりにあってきた。

先輩は変わらず美しくて、明るくて優しい、魅力的な人だった。

でもびっくりしたのは、いまは男の人と付き合っているらしいこと。
隠しているとか、誤魔化している感じはなかった。ほんとうにそうみたい。

もともとバイセクシャルで、私がレズビアンだと思い込んでただけなのかもしれない。

すごく勝手だけど、
でもそのときは、人のセクシャリティって変わるんだなあ、と思った。今更だけど。
私だって5年前はヘテロセクシャルだったんだから。

変わらないものもあるけど、変わるものが沢山ある。
生きていくのって、面白いね。