読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gradiolus' blog

主に日々のまとめ。たまに映画と本のこと。

占いとセクシャリティ

手相占いをしてもらった。

途中、
「カレは(いるの)?」
ときかれて
「"恋人"はいません」と答えた。

結婚線を見てもらって、適齢期に良い出会いがあるとかなんとか言われたが、なんだか自分から遠い話だと思って聞いていた。

占いは、ヘテロ女性を対象にされていることが多い。
そもそも占いが掲載されている雑誌などが、まず女性向けの媒体である。だから女性向けに書かれる

そしてここは、異性愛主義社会である。
恋愛対象のことは「男性」を想定して書かれる。

すこし女性以外も視野に入れた文章でも、「異性」が多い。やっぱり異性愛主義だから。
「気になるお相手」みたいな表現は、たまにしかない。

気になるお相手、の時なんかは何も気にしないで読めるからいい。
異性、男性、を想定されていると、なんだかもう読む気がなくなる。

だって私の恋愛対象は異性じゃないから、男性じゃないから。

手相の時、結婚の話をされた。と、さっき書いた。
これも、そうだ。ヘテロ向け。
いまの日本社会では、結婚できるのは異性愛者だけだからだ。
だからわざわざ異性婚と言わなくても、結婚という単語は現状、異性婚しか意味しない。

25ぐらいで結婚って言われて。
いま22だけれど。
あと3年で結婚できるようになるなんて、思えない。

私、結婚できないんですよ。
私の意思とは関係なしに。
私が、同性愛者だというだけで。

黙って、結婚線を見てた。
結婚できなくてと、せめて素敵なパートナーに巡り会えたらいいな、と思いながら。