gradiolus' blog

主に日々のまとめ。たまに映画と本のこと。

個展妄想備忘録

個展を開いてみたいな、という昔からのぼんやりした願望を文字にしてつぶやいてみたらなんだか形になってきた。
やってみたい、やってみよう。
このワクワクを忘れないための、備忘録。


  • やっばり写真展を開きたいと思う。 ギャラリーさんのお部屋の値段とか見たり、作品の値段設定とかも調べたりしてた。 できることなら、諸々落ち着いた2月ぐらいが一番よかろうと思う。 今から企画して。過去作だけではつまらないので、その間に新しいのも撮って。
  • 一眼は持っていないのでコンデジクォリティですが……。 それでもコンデジも結構いいのが撮れるので、問題ないと思っている。
  • タイトルももう決まっている。なんとなくレイアウトも頭の中に出来上がりつつある。
  • 「あいのなかで生きている」にしようと思っている。 もともとは構想で頓挫した小説のタイトルで、「愛のなかで生きている」が原題。 あえて平仮名にして、I、愛、藍、相、哀、逢、間、etc...と、いろんな「あい」を包括できるように、表現を制限しないようにしたい。
  • 個人展でも良いし、友人が誘いに乗ってくれたら2人展でもいいなあ。 今度一緒に写真撮りに行くから、その時にでも声をかけてみようと思う。
  • わたし自身の本職?っていったらいいの?は小説だから、 小説の他にもパネルでツイノベぐらいのものを展示するのも面白いだろうなあ。 世田谷文学館の光を使った展示の仕方がすごく好きだったので、あのアイデアはどこかで取り入れたい。 とりあえず個展のタイトルは、吊るす。
  • あ い の な か で 生 き て い る を、黒い髪を切り出して糸でつるす。 それか、ライトを使って、影絵にする。
  • 黒い髪でやったら軽くホラーだぞ 黒い紙だよ
  • 「愛のなかで生きている」はそもそもはこの写真につけたタイトル。 http://t.co/4FtxKNBap8
  • そのあとに、水族館のシーンを小説内に組み込むことに決めた時に、写真のタイトルを小説のタイトルにもしようとおもった。
  • 水=愛
  • その頃には本も形にしたいし、ついのべのログ本も作りたいよね。 ついのべは、良し悪しに関わらず全部乗っけるつもり。もちろん若干の修正はするが。 誰かに売るためというよりも、わたしの思考の遍歴をわたしが知りたいから、という理由でつくるので。
  • この前ゴトーヒナコさんの個展にお邪魔させてもらった経験や、百壁さんのゲロ写真展に触発されてるのです。
  • 前も書いたと思うけど、わたしは、何か物を作ったり行ったりしたら、それを「発表」することまでがワンセット、という思考回路なのです。 これまで発表の場はコミティアなどのイベントや、ウェブ公開などが主だったけれども、それ以外の発表の方法もあるのなら、それを試してみたいと思うのです。
  • 後期は前期よりきっと忙しい。卒論もあるし、就活もそこそこやるし、シナリオスクールに通って、授業も一コマあるのでそれの課題やって、個展の企画立てて。 それでも、全部今のうちにやっちゃいたい。 こんなに詰め込めるのは、今のうちだけだから。
  • 今日、授業終わって、ふらふら図書館へ向かって本を借りて。 ああ、こういう時間、余裕が、就職したり就職せずともフリーターになったら、なくなるんだなあって思ったら、今のうちに全部やりたいことやっちゃおう!と思った。無駄にしたくない。
  • 沢山の人が、無名のわたしの展示に来てくれるとは思わないけれど。 ふらりと立ち寄った人と、なにか少しでもお話がしてみたい。直接、意見をお伺いしてみたい。 そして何より、わたしが、わたしのために、形にしたい。
  • そういえば、クラフト・エヴィング商會iPhoneすごい、「くらふとえ」まで入力したら全文出てきた)の展示もすごく素敵だった。 すでに朧な記憶ではあるのですが、思い出せる限り思い出して、自分の個展の参考にしたい。
  • 壁に付箋貼ってあったやつ。すごく素敵だった。 あれを見てわたしは、サリンジャーのグレース家の長男次男の部屋の扉を思い出した。そして一時期、自室の扉に付箋でいろんな言葉を貼り付けてた。 吉田氏とサリンジャーの発想の間の子、と言ったらいいのかしら。そんな感じのこともしたいね。
  • こうやって想像するの、楽しいね
  • 妄想を文字に書き起こしてたら、なんだか具体的な形を帯びてきた。
  • 大きなパネルが壁一つを占領するのもいい。小さなパネルいくつか並べるのもいい。 きっと展示する写真が決まったら、もつと具体的な展示のイメージが湧いてくるんだろうね
  • わくわくする

f:id:gradiolus:20151002022045p:image
「愛のなかで生きている」