gradiolus' blog

主に日々のまとめ。たまに映画と本のこと。

米沢旅行。五虎退、姫鶴一文字をみに!

米沢市にある「伝国の杜」へ行ってまいりました!
上杉といえば越後ですから、新潟にあるものだと思っていたら山形の米沢市だったので驚きつつ。

f:id:gradiolus:20151007135257j:image
伝国の杜
ここに上杉謙信公が天皇より賜った、粟田口吉光作の短刀で号五虎退と、一文字派の太刀で号姫鶴一文字が展示されております。

f:id:gradiolus:20151007135441j:image
館内には刀剣乱舞の五虎退ちゃんのパネルが!
かわいい!
そして思いの外大きい笑

五虎退は、直刃の短刀。
他に唯一みた粟田口の短刀は厚藤四郎なのですが、それと比べるとやはり当然ですが薄いです。(なにせ厚藤四郎が厚いので)。軽そう。
直刃の刀。研ぎに出していないのか?錆らしき黒点や、小さな傷が。
茎尻は普通型。背の方に二本の溝が入っています。
拵えの展示はなかったのですが、そちらは「戦う上杉氏」という本で見ることができます。
f:id:gradiolus:20151007135950j:image
(戦う上杉氏、と、姫鶴一文字と五虎退のポストカード)

そして姫鶴一文字!
私のメインはこっちだったりします笑
一文字派が好きなのですが、姫鶴一文字はまたエピソードが好きです。
簡単に記すと、擦り上げられるのを拒んだ姫鶴が実体化して現れ、枕元で「擦りあげないで」とお願いし。その姿は姫の姿で、名を問われ「鶴」と名乗ったことから姫鶴一文字と号します。

姫鶴一文字は太刀なのと、銘が見えるようにとのことか、刃を下に向けての展示でした。
ですが、ライトが当たらず、刃紋は判然と見ることはできませんでした。ちょっと残念。
解説によれば丁字とぐのめの、入り交じった乱刃、だそうですが全然わからない^^;
でも見られたからよかった!

拵えは合口の上杉拵え。
桃色の紐が可愛らしい。

そのあとは、近くの喫茶店鷹山堂さんで五虎退どら焼き!
f:id:gradiolus:20151007140951j:image
f:id:gradiolus:20151007140922j:image
かわいい刀でへし切ります。
こちら以外にも、たくさんの箇所で五虎退コラボが!
その中で私は、五虎退ちゃんの最中と姫鶴一文字のビネガーを買いました。

f:id:gradiolus:20151007141117j:image
f:id:gradiolus:20151007141132j:image
「姫鶴の涙」って、素敵な名付けだなあ。

米沢市は五虎退や姫鶴をみるだけでなく、上杉氏の城下でしたので、上杉神社ですとかの観光も大変楽しめました!

行けてよかった!(*´ω`*)
連れ行ってくださった御仁に感謝を!

刀剣乱舞-ONLINE- クリアしおり 五虎退

高級居合刀 上杉謙信拵え 姫鶴一文字-本革仕様(刀袋付き)